糖質制限ダイエットブログ 基礎知識編③|富田林市でダイエットにお悩みなら体質改善専門 Body+ 鍼灸整体サロンへお任せください。

富田林市でダイエットにお悩みならガチガチ専門へ

〒584-0005 大阪府富田林市喜志町3-10-5 シィダーヴィレッジ103

0721238228

受付時間/10:00~20:00
定休日/日曜・祝日

お問い合わせ

アクセス

新着情報

糖質制限ダイエットブログ 基礎知識編③

ブログ

2017.10.16

糖質は効率の悪いエネルギー

みなさん今回もブログを見て下さり本当にありがとうございます。

今回のテーマは「糖質は効率の悪いエネルギー」という事を述べていきたいと思います。

 

 

みなさん、中学校で習った生理学を思い出してください。

 

みなさんの身体は約60兆個の細胞からできており、その細胞を働かせるのがミトコンドリア。

 

そのミトコンドリアを動かすエネルギーがATP(アデノシン3リン酸)です。

 

そしてATPを作るのに我々は、食事などから栄養を摂取しているわけです。

 

では、ATPを産生するメカニズムを説明しましょう。

 

まずは、エネルギーを産生する2つの方法があります。

 

それが、「嫌気的代謝」と「好気的代謝」です。

 

簡単に言うと、酸素を使うか使わないかという事です。

 

嫌気的代謝

 

嫌気的代謝とは「解糖系」と呼ばれるエネルギー産生方法です。

 

細胞(ミトコンドリア)外で酸素を使わずにエネルギーを産生する方法で、

 

糖質を基に2ATPと2つのピルビン酸が生成されます。

 

このピルビン酸は、ビタミンB群の働きによって細胞内に入り

 

「アセチルcoA」という物質に変化します。

 

また、ビタミンB群が無ければ「乳酸」として体内に蓄積されます。

 

好気的代謝

 

嫌気的代謝で産生されたアセチルCoAは、細胞内に入りビタミンやミネラルを使って

 

「TCA(クエン酸)回路」と呼ばれる経路を使ってエネルギーを産生します。

 

さらにビタミン、ミネラルを使って「電子伝達系(呼吸鎖)」によってもエネルギーを

 

産生します。

 

TCA回路2ATP+電子伝達系34ATP=36ATP

 

1つのブドウ糖から36ATPが産生されることになります。

 

ここまで述べたように、1つのブドウ糖から嫌気的代謝・好気的代謝を合わせて

 

38ATPが産生されることになります。(ビタミン・ミネラルが充分な場合)

 

※厳密にいうと32ATPなのだが、ここでは省略させていただきます。

「糖エネルギー代謝」の画像検索結果

ここまでは、糖質がエネルギーになる過程を簡単に解説しました。

 

何が言いたいかというと、「糖質」はすぐにエネルギー源に変わるから常に補給しておかない

 

といけないという誤った認識があります。

 

特にスポーツをする直前は「糖質を」とってエネルギー補給だ!と言っている人が多いです。

 

でも考えて下さい。たかだか36ATPですよ?しかも、直後の嫌気的代謝だと2ATPしか

 

エネルギー代謝できないのです。

 

(好気的代謝は有酸素なのでエネルギーとして使われるのに時間がかかる。)

 

しかも、次回解説しますが、糖代謝よりも優れたエネルギー代謝があるのです。

 

それが・・・ 脂質代謝‼

 

日本のスポーツ選手ももう少し身体のことを勉強し、効率よくエネルギーを発揮する身体を

 

目指したら、もっと良いパフォーマンスが出せるのにね‼

 

少し脱線しましたが、糖代謝はご理解いただけたでしょうか?

 

次回は「脂質代謝」について解説しますので、こうご期待‼

 

 

ダイエットでお悩みの方は、

 

大阪府富田林市喜志町3-10-5-103

ダイエットしながら頭痛・肩こり・腰痛を治せる整体院

ガチガチ専門

0721-23-8228

http://www.ogata-shinkyuseikotsu.com/

 

までご連絡ください。

ページトップへ